就職のお礼状について

就職情報

就職のお礼状について

就職活動の結果に応じて送るのがお礼状です。

採用通知や内定通知書を受け取ったときに送ります。

内定をもらったら、その企業にお礼状を送ります。

就職活動が一段落したことを示すものです。

お礼状には、自分を採用してくれた企業への感謝の言葉や、これから頑張るという趣旨の言葉を添えるとよいでしょう。

お礼状を送らない人もいます。

絶対的な決まりはないので、お礼状を出すか出さないかは自分で決めればよいでしょう。

最近は、内定した企業にお礼状を出すように指導する大学や専門学校も多いようです。

最近は、お礼状を出す人が増えているようです。

一般的な行動の価値観も浸透していますので、内定をもらったら、可能な限りお礼状を出すとよいでしょう。

お礼状を送る際の注意点としては、内定をもらったらすぐに書いて送ることです。

あまり時間を空けると、心からのお礼というニュアンスが薄れてしまうので、なるべく早く書くようにしましょう。

お礼状と一緒に送るべき書類がある場合は、すぐに用意して行動した方が印象が良くなります。

相手方に送る書類の準備に時間がかかる場合は、先にお礼状を投函し、書類の準備が整ったら送るようにすればよいでしょう。

お礼状は相手の印象に残りますし、人事担当者が入社後に会ってくれる可能性も高く、もしかしたら一緒に働いてくれるかもしれません。就職が決まったら、すぐにお礼状を出すと良いでしょう。

どんなに遅くても、1週間以内には送るようにしましょう。

お礼状の必要性

最近では、内定をもらったらお礼状を書くのが当たり前になっていますが、そもそもお礼状を書く必要がないと思っている人もいるのではないでしょうか。

しかし、そもそもお礼状を書く必要がないと考えている人もいます。

絶対に書かなければいけないという決まりはないので、最終的な判断は人それぞれです。

面接や就職全般に関するマナー本の中には、「お礼状を書くのは就職活動の際にすべきこと」と書いてあるものもあります。

内定をもらった後にお礼状を書くべきと主張する本の場合、企業側の印象をできるだけ良くしたいという価値観があるようです。

実際、面接のお礼状が内定の結果に影響を与えたという話は聞いたことがありません。

よほど小さな会社でない限り、お礼の挨拶状が採用担当者の手元に届くとは思えません。

そもそも、すでに面接を通過して採用が確定しているわけですから、ここでお礼状を送っても有利になることはありません。

せっかくお礼状を書いたとしても、事務方の手に渡ってしまい、お礼を伝えたい大切な人に届かない可能性が高くなります。

お礼状を書く必要がないと考える人がいても不思議ではありません。

また、相手からの評価を期待するのではなく、内定をもらったことに対してお礼状を書くという価値観もあります。

他の人がお礼状を出したかどうか気になるかもしれませんが、結局は自分で判断するしかないのです。

お礼状を送らなければいけないという決まりはありません。

自分の価値観でお礼状を出すか出さないか決めればいいのです。

お礼状の内容

オーソドックスな就職のお礼状では、就職のお礼というニュアンスで書くとよいでしょう。

お礼状の後は、就職したら実現したいことや、住んでみたい場所などを書きます。

お礼状は他の人が作成することを念頭に置き、シンプルかつポイントを押さえた内容にしましょう。

お礼状を書く場合、何を書けばいいのかわからないと困ってしまいます。

お礼状が書けない場合は、インターネットや就職情報誌に例文集が掲載されているので、それを参考にすると良いでしょう。

お礼状は自分の言葉で感謝の気持ちを伝えることが大切なので、例文の丸写しは避けた方が無難です。

また、採用された業界や職種の内容を手紙に加えたり、例文を自分で書くような文章に修正したりするとよいでしょう。

一から十まで同じ文章を使用するのは好ましくありません。

また、担当者と話した内容や面接でのやり取りを踏まえて、他の人には書けないようなお礼状を書くとよいでしょう。

手紙に間違いがあった場合は、修正液で消したり、一筆書き足したりして正そうとせず、きちんと書き直してください。

特に、採用のお礼状を送る担当者の名前と部署には気をつけましょう。

名前の間違いは、お礼状を送る相手に対して大変失礼にあたりますので、よく確認して間違いのないようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました