仕事を辞める方法方法について

就職情報

仕事を辞める方法方法について

仕事を辞めようと思っても、なかなか上司に辞めたいことを言い出せないという人は多いのではないでしょうか。

辞めることを口にするのは難しいですが、予告なく会社に行かなくなるのは決して良いことではないので、話すことは必要不可欠です。

仕事を辞めるということは難しいことです。上司に辞めたいことを伝えるだけでなく、自分の後に同じ仕事をする人のことも考えなければなりません。

社内で担当している仕事の種類によっては、仕事を辞めたくてもすぐには辞められないという人もいるでしょう。

仕事を辞めたいと思ったとき、どのように上司に相談すればいいのでしょうか。

ここでは、仕事を辞めやすい理由を参考にご紹介します。

仕事を辞める理由としては、実家に何らかの事情があり、戻ってくるように言われたことがあります。

実家の事情を持ち出せば、もはや会社関係者がどうこうできるレベルではないでしょう。

上司や関係者が引き止めにくくなるので、辞めやすくなります。

また、「もっと条件の良い会社に転職することにした」と言われれば、上司でも引き留めるだけの理由を考えるのは難しいでしょう。

より良い会社を見つけ、そのことを話している上司や同僚でさえ、あなたを引き留める理由はないでしょう。

あなたの退職を滞りなく進めるには、あなたが仕事を辞めるという結論に至る過程を上司や同僚に理解してもらうことが一番です。

会社によっては退職を渋るところもありますが、強い意志を持ってしっかりと退職の意思を伝えることが必要です。

仕事を辞める理由について

仕事を辞める理由の伝え方によっては、会社の人が不満に思ったり、不快に思ったりするケースもあるようです。

円満に退職するためにも、仕事を辞めるときは慎重に言葉を選び、退職の意思を伝えるようにしましょう。

また、会社に対して不満が多く、辞めることを決意したのであれば、正直に話すのが良いでしょう。

どうせ辞めるのだからと、不満をそのまま上司に伝えてしまうと、かえって損をすることになりかねません。

会社としては、社員の辞めたい動機に興味があり、できれば直してあげたいと思うケースも少なからずあります。

しかし、小さな不満が積み重なって辞めようと思うに至ったと言っても、相手には何も伝わりません。

本当に改善の余地がなかったのか、考え直してほしいと止められる可能性があります。

また、辞めた理由に嘘をつくことも、社会人としてできれば避けたいことです。

前向きな理由を述べ、そのために仕事を辞めたいのだと言えば、問題はこじれることはないでしょう。

すでに転職先が決まっているのであれば、転職先の方が条件が良いというのも良いでしょう。

将来のための勉強や経験を積むために転職したいというのも、納得してもらいやすい理由の一つです。

今の仕事を辞めると決めたら、会社に残って働き続ける人のストレスや不満を拡大させるような遺恨を残す必要はないので、むしろ問題が起きないような退職の仕方を考えましょう。

仕事を辞める時期の決め方

さまざまな理由で今まで勤めた職場を離れるますが、仕事を辞めるタイミングはどこで決めるのでしょうか。

かつての日本では、最初に就職した会社で定年まで勤め上げるのが一般的でした。

しかし、近年、日本では転職が珍しいことではなくなりました。

そのため、昔に比べて退職しやすくなっています。

しかし、退職は次の人に今の仕事を伝える、会社の社員や取引先に挨拶するなど、会社の習慣や考え方によっては、緊張するものです。

なるべくスムーズに仕事を辞めるためには、どのようなタイミングで退職すればよいのでしょうか。

退職を決める際に最も重要なことは、いつ退職するにしても、不測の事態で急に退職せざるを得なくなった場合を除き、できるだけ早く退職のタイミングを自分で決めておくことです。

退職しなければならない状況を明確にし、必要な準備を行い、上司への相談も余裕を持って済ませておくのが定番です。

周囲の状況や自分が置かれている状況をよく吟味し、いつ退職するのが最も望ましいかを判断しましょう。

退職希望時期までの期間が短すぎると、退職のタイミングを自分で選べなくなるので注意が必要です。

会社の仕事は1年を通して一定ではありません。

忙しい時期に誰かが退職してしまうと、仕事量が増加してしまい、好ましくありません。

一方、ボーナスが出る時期であれば、あわてて退職するよりも、ボーナスが出るのを待ってから退職する方が賢明です。

何もない時期よりも、夏休みや年末年始などの長期休暇と同時に退職することで、本人も周囲にも心理的負担を軽減させることができます。

タイトルとURLをコピーしました