面接で聞かれる「転職理由」について

就職情報

面接で聞かれる「転職理由」について

転職に向けて行動を開始する場合、面接で転職理由を聞かれた時に何を話すか決めておく必要があります。

面接官から聞かれる転職理由について、どこまで本気で答えればいいのか、難しいところです。

面接では転職を決意した理由を率直に話すべき?給与や仕事内容、職場の人間関係などに不満があり、転職を決意された方もいらっしゃるでしょう。

また、家族の介護がきっかけで転職をした人もいるでしょう。

何らかの形で仕事をしない限り、給料は発生しません。

本当にどこでもいいから採用されたいという人もいますが、問題は面接でありのままを話すかどうかです。

前職で人間関係のトラブルや社内の問題で辞めた人が、再就職しようとすると、同じような問題を起こすと思われるかもしれません。

少しでも良い印象を与えるために、事実を隠し、出世のためとか、ずっとやりたかった仕事だと嘘をつくべきでしょうか。

自分が思っていないことを発言してしまうと、後で関連する質問をされたときに辻褄の合わない答えをしてしまう可能性があります。

採用担当者に良い印象を与えるためには、ネガティブな理由を別の視点からポジティブに変える方法があります。

前職で人付き合いに問題があったのであれば、周囲との関係を見直すことで「やりたいことをやりたいから」と言えるでしょう。

面接で担当者に気に入られるように話すには、表現方法を工夫することが大切ですが、嘘をつかないことが大切です。

給料を理由に転職を希望する場合

転職を希望するのは、それ相応のバックボーンがあるからかもしれません。

転職を決意するに至ったプロセスを明確に表現できるよう、整理してみるのも今後の利益につながるでしょう。

会社や取引先との人間関係、長時間労働、休みが取りにくいなど、仕事を辞める理由は様々です。

給料の少なさに不満を持って転職を決意する人も多いと言われています。

人は仕事をするとき、給料をもらいたいと思うものです。

1円もいらないから仕事を続けたいと思う人は稀です。

給料が安くても、職場がよければ、今すぐ辞める必要はないかもしれません。

日本は今、景気が良くないので、仕事の条件もいいことばかりではありません。

家計を見直し、支出を減らせる部分がないか確認することで、支出のバランスが崩れている部分を見つけることができます。

意外にも、「お金に困っている」という人に限って、無駄な出費が多いものです。

出費の内容は家庭によって大きく異なりますが、無駄な出費となる項目が見つかれば、その部分で節約をすることができます。

家計簿をチェックしてみて、それでも生活費が足りないと判断したら、転職するのも一つのアイデアです。

お金がかかっていた趣味や嗜好を減らしたりやめたりして、給料に不満がなくなったのであれば、転職する必要はないでしょう。

転職理由の上位に入る「残業」の多さについて

転職を決意するきっかけとして、労働時間の長さを挙げる人は少なくありません。

毎日残業が続くと、肉体的な負担が増えるだけでなく、仕事とプライベートの時間の区切りがつかなくなります。

仕事ばかりの生活では、仕事を続ける意欲を失い、精神的にまいってしまうでしょう。

納期が明確な仕事がある場合、それを終わらせるために残業するのはやむを得ないこともあります。

納期が決まっている仕事だからこそ、残業しなければならない日もあるのです。

仕事が残っているにも関わらず定時で帰宅してしまうと、仕事の進行に大きな支障をきたします。

しかし、残業を前提とした環境で働き続ければ、心が折れてしまいます。

人手が足りないのに、慢性的に仕事量が多く、結局毎日残業して仕事をこなしていると、やがて心が折れてしまいます。

休みのない生活に嫌気がさして転職を希望する人はたくさんいます。

年俸制や、残業代を給与に組み込むケースもあります。

毎月たくさん残業しているのに、給料が全然上がらないという不満もあるようです。

残業に対する不満は、転職の理由としても非常に多いと言われています。

タイトルとURLをコピーしました