転職で面接を受ける際の動機について

就職情報

転職で面接を受ける際の動機について

転職したい理由の多くは、現在働いている会社ではお金が貯まらない、体力的に仕事を続けられないといった後ろ向きな動機です。

また、人間関係や給与だけでなく、職場の雰囲気など、今働いている会社では耐えられないということも、転職の動機になることがあります。

しかし、今の会社から逃げ出したいという気持ちではなく、働きたい会社が見つかったなど、前向きな転職動機もあります。

あるいは、今の仕事よりも期待値が高く、よりスキルや経験が求められる新しい仕事に挑戦したいという人もいます。

今の会社を辞めて、新しい職場で働きたいと思う動機は、一人ひとりの置かれている環境によって異なります。

企業の立場からすれば、一度採用した人には、ずっと会社にいてほしいものです。

人材が不足すれば、会社の運営に支障をきたすので、前の会社の退職理由が自己中心的であれば、次の会社で採用されることは難しいでしょう。

転職の面接では、たとえ事実であっても、決して前の会社の愚痴を言わないように気をつけることが大切です。

意欲が高いことをアピールするために、前の会社も積極的に取り組んでいたかのように話すことです。

面接の攻略本がいろいろと出版されていますが、その内容に頼りすぎないように注意しましょう。

面接官に強い印象を与えるには、マニュアル通りにやるだけではダメです。

転職の理由をすべてポジティブな言葉に置き換え、自分が将来何をしたいのか、自分の能力で何ができるのかを積極的に話すとよいでしょう。

転職の動機を面接で伝え方

転職を成功させるためには、なぜ転職をしようと思ったのか、その動機について話すことが大切です。

面接ではたいていこの質問をされますので、きちんと答えられるようにしておくことがとても大切です。

転職の動機については、ネガティブなことは言わないのが鉄則です。

面接で、今の職場に嫌いな人がいたとか、嫌いな人とトラブルがあったなどと言うと、転職を失敗させるだけで、成功に導くことはできないでしょう。

仮に「転職先が前職より楽そうだから」という動機であっても、面接でそのような話をすると良い結果は望めません。

後ろ向きな理由で転職活動を始める人は、「次の職場でも同じような苦労をするだろう」と考えて、次の職場に行ってしまう傾向があります。

後ろ向きな理由で仕事を辞め、転職活動をしている人は、少なくとも採用面接の場ではそのようなことを言わないようにしましょう。

面接では、転職理由を話しながら、前職で培った経験やスキルが転職先でどう活かせるかを話すようにしましょう。

新しい仕事に応募しても、全く違う分野であれば、自分の経験をどのように活かせるのかが分からないこともあります。

次の仕事について何も知らない方が、より早く理解できることもあります。

転職の面接では、本当のことを話す必要がありますが、ネガティブなことを話す必要はありません。

同じ事でも、表現を変えることでポジティブな動機や理由に置き換えることができますので、面接までに方針を決めておくようにしましょう。

面接時に転職の動機は慎重に考える

採用面接の際に、転職のきっかけを聞く企業は少なくありません。

転職の動機について調査したところ、最も多かったのは「人間関係」だったという調査結果があります。

人間関係というのは、職場の上司や先輩、同僚に不満があるということですが、退職理由を正直に話すと問題があるかもしれません。

前の会社を辞めた理由は、上司や同僚に嫌な思いをさせられたからと言えばいいのですが、面接でこれを言わないと、結果的にプラスに働くことになります。

面接では、自分をどう見せるかが重要であり、面接官に隠し事をしないことが良いとは限りません。

キャリアを積んでから転職を考えたことは誰にでもあるはずです。

今の仕事から解放されたい、新しい職場で働きたいと思い、転職を考えることもあります。

転職したいと思ったときに、すぐに会社を辞めるという行動に出る人は少ないでしょうが、安易な行動は避けなければなりません。

転職する場合、よほどスキルがない限り給料が上がることは考えにくいので、給料が下がることを前提に考えなければなりません。

将来のことを深く考えずに会社を辞め、さも当然のように次の仕事に移ってしまうと、納得のいかない働き方になってしまうかもしれません。

人間関係が本当の動機であっても、転職の際に面接官と話さなければならないのであれば、もっと耳障りの良い転職理由を話せるようにしましょう。

後ろ向きな理由で退職した場合でも、前向きで積極的な行動で転職を選択したことを志望動機として面接官に伝えることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました